Allez au contenu, Allez à la navigation, Allez à la recherche, Change language

  • Applications
  • Tumblr

審査員 2014 : Caméra d'or

Nicole Garcia
Nicole Garcia © AFP / Larry Busacca

審査員長 Nicole GARCIA

Director
哲学と演劇を学んだ後、ニコール ガルシアは演劇の世界に飛び込みます。国立高等演劇学校(コンセルヴァトワール)で優秀な成績を収めた後、彼女は数々の演劇作品に出演し、またアラン レネ監督の映画作品『アメリカの伯父さん』(Mon oncle d’Amérique)(1979年)にフランス映画界での自らの存在を確立させます。1985年、彼女は映画監督として『Un week-end sur deux』を作ります。彼女は個性の強い独自の世界観を展開し、そこでは『お気に入りの息子 』(Le Fils préféré)(1993年)のジェラール ランヴァンや『ヴァンドーム広場』(Place Vendôme)(1997年)のカトリーヌ ドヌーヴなど、豊かな感情と複雑な心の内が入り混じる登場人物の人間模様を描いています。ダニエル オートゥイユが主演を務めた『L’Adversaire』(The Adversary)(2002年)、7人の男たちの7つの異なる人生が交差する『Selon Charlie』(Charlie says)で、ニコール・ガルシアはその映画監督としての才能を示します。 2009年、彼女は幼少期を過ごしたアルジェリアに戻り、2009年、ジャン ドゥジャルダン主演の『海の上のバルコニー』(Un balcon sur la mer)を撮影しました。また、ルイーズ ブルゴワンとピエール ロシュフォールが主役にした彼女の最新作『Un beau dimanche』(Going Away)は2014年公開予定です。

審査員

年を選択

2014年の映画祭

2014年の映画祭

2014年映画祭を体験する… ニュース、インタビュー、写真、ポッドキャスト、ビデオ…

予告編

予告編

2014年セレクションの予告編