Allez au contenu, Allez à la navigation, Allez à la recherche, Change language

  • Applications
  • Tumblr

審査員 2014 : フィーチャー映画

Jane Campion
Jane Campion © Lisa Tomasetti

審査員長 Jane CAMPION

Réalisatrice, Scénariste, Productrice
ニュージーランド出身の映画監督であり、脚本家でもプロデューサーであるジェーン カンピオンは、現代の映画界の主要な映画監督のひとりであるとみなされています。彼女は1993年『ピアノ レッスン』ででカンヌ映画祭のパルムドールを受賞した初めての女性監督となりました。またアカデミー賞においては、同作品が監督賞候補にノミネートされた作品のうち2番目に入り、脚本賞を受賞しました(1994年)。 ジェーンはウェリントンのヴィクトリア大学で人類学を修め、その後ロンドンのチェルシー カレッジ オブ アート アンド デザインおよびシドニー カレッジ オブ アートで絵画を専攻しました。そしてオーストラリア フィルム テレビジョン アンド ラジオスクールの1980年代初頭に映画制作に取り組み始めます。1982年に発表した『Peel』は1986年カンヌ国際映画祭短編映画部門パルムドールを獲得し、その後彼女の初の長編映画作品となる『スウィーティ』に続いてニュージーランド人小説家のジャネット・フレームを題材にした『エンジェル アット マイ テーブル』を発表します。『ピアノ レッスン』で数々の賞を受賞した後、彼女は『ある貴婦人の肖像』(1996年)、現在舞台化されている『ホーリー スモーク』(1999年)、『イン ザ カット』(2003年)を発表し、『ブライト スター いちばん美しい恋の詩』)が2009年のカンヌ映画祭のコンペティション部門で上映されました。ジェーン・カンピオンは近年、テレビシリーズの『トップ オブ ザ レイク』でも大成功と高い評価を獲得し、映画監督としての才能とその永遠のパイオニア精神を改めて証明しました。 「カンヌ映画祭の世界との接点と映画に対する強い情熱がそれを類稀な存在としています。カンヌは驚きの詰まった神話的な、そして魔法の起こる場所。ここは、俳優の才能が見い出され、映画作品はそのプロデューサーを見つけ、キャリアがスタートする場所です。私が実際経験したことですから、これは真実です。今年審査員長を務めることになりましたが、それは本当に大きな栄誉です。本当に映画祭の開催が待ち遠しいです!」

年を選択

2014年の映画祭

2014年の映画祭

2014年映画祭を体験する… ニュース、インタビュー、写真、ポッドキャスト、ビデオ…

予告編

予告編

2014年セレクションの予告編