Allez au contenu, Allez à la navigation, Allez à la recherche, Change language

  • Applications

ホーム > Article

スティーブン スピルバーグ 第66回カンヌ映画祭審査委員長

28.02.2013  12:00 AM

「世界の映画を保護するカンヌ映画祭の確固とした態度に感服しています。カンヌは全ての映画祭の中でも最も威信があり、 それによって 映画は文化と世代を超えてゆける芸術であることを明示しつづけてゆけるのです。」

イタリア人監督ナンニ モレッティに続き、アメリカ人監督でありプロデューサーのスティーブン スピルバーグが、5月15日~26日に開催される第66回カンヌ国際映画祭の審査委員長を引き受けました。

“カンヌ映画祭会長のジル ジャコブは言います。「アメリカで言われるよう、スティーブン スピルバーグはカンヌの常連です。: 続 激突!カージャック 『カラー パープル』、82年にワールドプレミアを行った『 E.T.』は忘れられない絆を作りあげました。それから、私は何度もスティーブンに審査員を依頼してきたのですがいつも彼は撮影で忙しかったのです。今年も頼んだ際、「E.T. デンワ ウチ」と言うのを聞いて私は理解し『やっと!』と答えました。」

映画祭ディレクターのティエリーフレモーは告白します。「スティーブン スピルバーグは2年前、原則的に合意してくれました。彼は今年の審査委員長のためにスケジュールを空けてくれたのです。この数週間彼に会えば会うほど、彼がこの役目に情熱を抱いているのが感じられました。年々、彼の映画および全ての分野への参加により、彼はハリウッドの最も偉大なシネアストとされています。彼を迎えられて誇りに思います。 」

彼も映画祭にこう告白します。「初めてカンヌに参加したのは31年以上前にもなります。しかし私のキャリアにおいて最も誉れ高い時の一つです。60年以上にわたり、カンヌは世界中から集まる素晴らしい映画を発見するためのプラットフォームです。映画は世界共通の言語であることをたゆまず証明する映画祭の審査委員長を務めるということは私にとって偉大な名誉であり、大いなる特権です。」

1946年オハイオに生まれ、若くして映画に熱をあげていたスティーブン スピルバーグは短編映画の一つ『Amblin』を観てユニバーサルテレビへの門戸を開き、そこで処女作を製作しました。成功はすぐさま約束されます。:  元々はテレビ映画であった『Duel 』(1971年)は人気を博して劇場公開もされました。映画のための処女作『続 激突!カージャック』 は1974年にカンヌ映画祭に選出され脚本賞を受賞します。

そしてスティーブン スピルバーグは現代の世界映画史に成功の連続を刻みつけます。『ジョーズ』(1975年)、『未知との遭遇』(1977年)、『レイダース 失われたアーク《聖櫃》』(1981年)、そして『E.T. 』(1982年)はカンヌ映画祭のクロージングセレモニー、パレクロワゼットの最終回に初めて上映されました。

スティーブン スピルバーグは『ジュラシック パーク』(1993年)や他の多くの作品のように米国の興行収入記録を更新しています。:  多大な観客を魅了する映画はアドベンチャーとサイエンス フィクションを結び直し、世代を超えて莫大な数の観客を感動させてハリウッドの娯楽ジャンルを新しくしています。

スティーブン スピルバーグを特徴づけるこの豊かな想像力は彼に言わせると「生活するために夢を見ている」のであり、好奇心、改革、優れた演出の習熟を無限に集結させています。商業的成功のほかに、アンティミストで観客の意識に問いかける映画には驚かされます。: 『カラー パープル 』(1986年)、『太陽の帝国』(1987年)、『オールウェイズ』(1989年)、『シンドラーのリスト』(1993年)はアカデミー賞の聖別を授けられ、最優秀監督賞も受賞しています。

彼のフィルモグラフィーは夢と現実を絶え間なく行き来しています。娯楽映画と歴史、人種差別、人間の条件に関する考察を交互に繰り返し、平和で修復された世界への憧れを表明しています。

40年のキャリアで27本もの映画を製作し、その大半は世界的映画史上に一時代を画しています。:  『プライベート ライアン』(1998年)、『マイノリティ リポート』(2002年)、『キャッチ ミー イフ ユー キャン』(2002年)、『宇宙戦争』(2005年)あるいは初の3D映画『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』を全ての人は観た、あるいは観るでしょう。

米国での奴隷制度を廃止し、心を捉えられるような肖像を描く『リンカーン』は本国および既に100万人もの観客を動員したフランスでも大きな成功を収めています。この映画により、Daniel Day-Lewisは前人未到の3度目のアカデミー男優賞を獲得しました。

Facebook Twitter Imprimer