Allez au contenu, Allez à la navigation, Allez à la recherche, Change language

  • Applications

ホーム > デイリーレポート

デイリーニュース 2011

前へ
5月 11
  • Actualités
  • Vidéos
  • Photos
  • Audios

Robert De Niro「作品を見るのが待ちきれない」

11.05.2011  12:00 AM - Updated on 21.05.2011 at 5:53 PM

本日午後、長編部門の審査員の記者会見で、Robert de Niroと審査員が記者達の質問に答えました。

 

Robert De Niro 「自分が何を求めているか分かりません。こんな短時間で20本の映画を見るのは、普通じゃありません。バカンスのようなものです」

 

Uma Thurman 「インスピレーションを探し、なぜ私達が人生を映画に捧げるのか理解したくて来ました」

 

Martina Gusman 「これほど才能ある人々に囲まれるなんて、特別な経験です。感激しています。まるで夢のよう」

 

Olivier Assayas 「ずば抜けて強く刺激的な作品を支え、共有する場を見つけなければなりません。全員を満足させるのは不可能でしょうが、どの審査員もできる限り公正で寛大であろうとするでしょう」

 

Mahamat Saleh Haroun 「私の作品がカンヌに出品され、賞を受けたことは、チャドの映画界に革命を起こしました。それまで存在しなかった映画館が、1月にひとつ誕生したのです。2013年を目標に映画学校が計画され、映画の財政支援のために映像視聴料が創設されました。国の権力者達は、世の中の出来事に立ち会う重要性を意識するようになりました」

 

Linn Ullmann 「ノルウェイでは皆、親と一緒にスキーをします。私の家族以外は。毎夏、私は日に2本映画を見ました。映画が始まるたび父(編集注Ingmar Bergman)は、これが私の勉強だと言ったものです」

 

オフィシャル セレクションに中国の作品が選ばれなかったことについて

 

Johnnie To 「中国はたくさんの作品を撮影しています。多すぎるのかも知れません…」

 

Nansun Shi 「良作もあれば駄作もあります。映画のレベルが低いわけではありません。スケジュールの問題です。中国映画は多くの映画祭で存在感を示しています」

 

Propos recueillis par B. de M.

オーディオ

年を選択

日を選択

       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Nous suivre